今格安simがとってもお得!

最近巷で格安スマホ(格安SIM)という言葉を聞く機会が増えてきました。格安スマホ(格安SIM)というのは文字通り格安でスマートフォンを利用できるようになる新しい選択肢です。今までは大手キャリア(ドコモやauなど)で毎月10,000円近い通信料を払ってきた方でも、格安スマホ(格安SIM)に移行するだけで毎月5,000円~8,000円ほど安くなったりするのです。

格安スマホ(格安SIM)には2年縛りがない

MVNOでは大手キャリアのような2年縛りがありません。音声SIMプランの場合は半年~1年未満の解約に違約金が掛かることがありますが、大手キャリアのように解約月を覚えておかないとまた2年縛りが始まってしまうということもありません。またデータSIMプランではいつ解約しようと違約金が必要になることがないので、気軽に試すことができます。

今のままの電話番号をそのまま引き継げる

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)という制度をご存知でしょうか。現在使用中の電話番号を移行先のキャリアでもそのまま使用できる制度です。以前は大手キャリア間のみだったのですが、今では格安スマホ(格安SIM)を提供している会社(MVNO)への移行でもMNPで電話番号を引き継げるようになりました。

端末とセットで購入できる

現在大手キャリアに契約している人の中にはまだフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)を使用中の方も多いかと思います。格安スマホ(格安SIM)のMVNOではスマートフォン端末とセットで購入できるプランがあります。多くの場合セット割り引きによって安く購入できますので、いずれスマートフォンにしてみたい、いずれ格安スマホ(格安SIM)にしてみたい、と思っていた方は一度にその両方を叶えてしまうことができるのです。

TONEモバイルの特徴

TONEモバイルはTSUTAYAが販売している格安スマホ(格安SIM)です。最近は価格競争だけじゃなく各MVNOともに独自のサービスを売り出すようになりましたが、TONEモバイルはその中でも特に個性的なサービスを売り出している唯一無二のMVNOとなっています。ここではその特徴を見ていきましょう。

家族に持たせる用途ならナンバーワン

TONEモバイルは月額料金の安さだけではなく、家族に持たせるスマートフォンとして他の追随を許さないほど優れたサービスを展開しています。この用途なら間違いなくTONEモバイルがナンバーワンでしょう。お子様だけではなく離れて暮らす年配のご両親へのスマートフォンとしてもおすすめです。ファミリー向けとして優れている部分を以下に5点ほど挙げていきます。

月額料金が固定で安心

TONEモバイルは月額料金が1,000円と固定されています。お子様の通信使いすぎによって料金が掛かりすぎるということがないので安心して持たせられますね。使用アプリも制限できるためアプリへの課金も防ぐことができます。

家族の位置情報が把握できる

年頃の子を持つ親なら学校帰りや塾帰りなど、お子様がどこで何をやっているのか心配になるもの。そういうときに常に位置情報を把握しておけるというのはスマートフォンの時代ならではの利点ですよね。

使用アプリや時間帯の制限

スマートフォンを便利に使うためのアプリですが、世の中には悪質なアプリが出回っているもの。お子様が興味本位でそういうアプリをインストールしてしまわないよう制限を掛けておくことができます。また使いすぎにならないよう時間帯の制限も掛けられるのも特徴です。

ウェブサイトのフィルタリング

アプリの制限とともに、ウェブサイトへのアクセスもカテゴリーごとに「小学生モード」「中学生モード」「高校生モード」と制限することができるようになりました。

歩きスマホ警告機能

現代では子供のみならず大人ですら歩きスマホで事故を起こすのが問題になっています。その点TONEモバイルでは歩きスマホをしようとすると警告が表示されるようにできるため安心です。

 料金プランが月額1,000円のみ

スマートフォンを契約するときに悩むのがどのキャリア(MVNO)を選ぶかということと、料金プランをどうするかということ。実際に使ってみなければ自分が毎月どれくらいの通信量を必要とするのか分かりませんし、悩むところですよね。その点、TONEモバイルは料金プランが「データ無制限の月額1,000円」という一種類しかありませんので悩む必要がありません。またオプション扱いとなりますがMNP(モバイルナンバーポータビリティ)も可能ですので、従来の携帯電話番号(090、080、070)を使用することもできます。

初心者でも安心設計

年配になるほどスマートフォンは難しそうで使えないと思ってる方も多いのではないでしょうか。TONEモバイルはその点がしっかり対応されていて、初心者でも使いやすいシンプルな設計になっています。フィーチャーフォン(ガラケー)からの乗り換え、またはスマートフォンは初めてという方でも簡単に扱えます。

家族サポートという強力機能

TONEモバイルはTSUTAYAのMVNOなのでコールセンターに電話するか店舗に行けば無料でサポートを受けられるのですが、年配の方になるほど「よく分からないし気を使ってしまうので家族に教えてもらいたい」という話を聞きます。同居していればそれも可能なのですが、離れて暮らす両親だとそれも難しいですよね。そこですごいのがTONEモバイル独自の機能「家族サポート」。遠くに暮らす家族のスマートフォンを遠隔操作し、必要な設定などを済ませることができるのです。

TONEモバイルの料金プランはどんな感じ?

格安スマホ(格安SIM)に乗り換えようと思っている方が気になるのはやっぱり料金プランですよね。TONEモバイルは月額1,000円で使えるのが人気となっていますが、実際に大手キャリアから乗り換えた場合どれくらいの違いになるのか調べてみました。

大手キャリアとの比較

大手キャリアのかけ放題系プランを契約しているとだいたいこのような料金になっていると思います。ドコモで例を出していますが、au/ソフトバンクもほぼ同じような感じです。

 

 

ドコモ

基本使用料

2,700円
(カケホーダイプラン)

データ使用量
(5GB)

5,000円
(データMパック)

ISP料金

300円

合計

8,000円

次にTONEモバイルに契約したときの料金をシミュレーションしてみましょう。基本料に加えて月々の通話料を「携帯電話あてが15分、固定電話あてが10分」で仮定してみます。

基本プラン

1,000円

通話料金

367円

携帯電話:315円
固定電話:52円

合計

1,367円

大手キャリアの月額8,000円に対してTONEモバイルでは月額1,367円ですから、毎月6,633円も安くなる計算になります。これを2年に換算すると、なんと159,192円も節約することができるのです。これはかなり大きいですよね。

もちろん通話料は使う人によって異なりますが、今の時代は普段の通話はLINEやSkypeで済ます場合も多くなっていますし、TONEモバイルなら家族(TONE同士)への通話は無料なので、この試算から大きく外れるということはないと思います。

他のMVNOと比べるとどうなのか?

TONEモバイルの料金プランは月額1,000円でデータ無制限という一本のみ。データ無制限のプランがあるMVNOは他にもありますが、それらと比べるとどうなのか検証してみましょう。

MVNO プラン 月額料金 通信速度
TONEモバイル 基本プラン 1,000円 500~600kbps
DMMモバイル ライトプラン
(データSIM)
440円 200kbps
楽天モバイル ベーシックプラン
(データSIM)
525円 200kbps
OCNモバイルONE 500kbpsプラン
(データSIM、月15GB)
1,800円 500kbps

DMMモバイルと楽天モバイルはともに500円前後と非常に安くなっていますが、通信速度が200kbpsと低速なのがネックです。これは高速通信を切った節約モード時や、月額容量を使い切って高速通信を制限されたあとの速度と同じです。200kbpsでも文字中心のSNSなら問題はありませんが、地図アプリやウェブサイト閲覧などはかなり厳しくなります。なのでかなり割り切った使い方をできる人以外にはおすすめできません。

比較するとしたら通信速度が同じ500kbpsのOCNモバイルONEなのですが、こちらはデータ無制限ではなく500kbpsプランはデータ容量が15GB/月なのです。ライトユーザーで15GB/月も使う人はそう多くないでしょうし、OCNモバイルONEも人気の高いMVNOなのですが、月額料金でみるとTONEモバイルのほうが800円も安くなっている分有利だと言えますね。

TONEモバイルの通信速度は?

TONEモバイルは月額1,000円でデータ無制限というちょっと驚きのサービスを展開しています。一般的なMVNOのプランだと月額1,000円なら3GB/月ということが多いので、TONEモバイルのデータ無制限というプランは魅力的ですね。ただし安さにはそれなりに理由があるものです。

通信速度は500〜600kbpsに制限される

そうなんです、安いかわりに通信速度が制限されているんですね。ただ「データ無制限で500kbps」というのはUQモバイルのデータ無制限プラン(月額1,980円)でも同じですし、それと比べると月額1,000円で使い放題というのはTONEモバイルの大きなメリットだと思いますね。

また公式ウェブサイトによると「500kbps~600kbps程度の通信です。通信速度は回線状況により変化します。」という曖昧な表現をされていて、こういう書き方をされるとユーザーとしては正直不安になりますよね。では実際に500〜600kbpsの通信速度だとどのように感じるのでしょうか。

画像の多いウェブサイト、動画サイトは厳しい

これはしょうがないのですが、やはり情報量の多いサイトを表示するときは少々時間が掛かります。動画再生だと少し待ってから再生される(混雑時はときどき止まる)という感じで、せっかちな人ならイライラするかも。個人的には許容範囲だと思いますけどね。

SNS、地図アプリなどは問題なし

さほど通信速度を必要としないSNSや地図アプリなどは特に止まることもなく快適に動きます。こういう用途がメインのユーザーなら500〜600kbpsでも特にストレスを感じることは少ないでしょう。LINE通話やラジオ視聴なども問題ありませんよ。

まとめ

外出先ではSNSや地図アプリなどがメインという使い方のユーザーなら月額1,000円でデータ無制限というプランのTONEモバイルは有力な選択肢の一つに入ると思います。ただしアプリのダウンロードなど、大きなデータを扱うときは家のWi-Fiを使うなど多少の工夫は必要になりますね。

TONEモバイルの口コミと評判まとめ

ファミリー向けのMVNOとして唯一無二の評価を得ているTONEモバイルですが、実際に利用している方はどう感じているのでしょうか。TONEモバイルユーザーの口コミ・評判を紹介します。

  • 月額1,000円でデータ無制限というプランですが、500~600kbpsの速度が出ますしライトユーザーにはこれで十分です。アプリのダウンロードやアップデートは家のWi-Fiでやればいいですし、外出先でスマートフォンを使うのってほとんどがSNSやゲームくらいですから。月額料金が固定というのも子供に持たせるときに安心です。
  • TONEモバイルはスマホ初心者または家族に持たせるスマホに特化しているMVNOなので、他にはないファミリー向けのサービスが充実しているという印象です。セットで販売している端末も必要十分のスペックでお手頃価格ですし、子供やお年寄りに新しくスマートフォンを持たせるにはこれ以上のMVNOはないでしょう。
  • TONEモバイルはスマートフォン端末のセットで契約するのが条件となっているため、自分の好きな機種を使ってSIMだけ契約したいと思っている方にとっては無駄な出費になってしまうのがもったいない部分ですね。初心者向けのMVNOなのでそういう突っ込んだことをやりたい人は他のMVNOを選べばいいだけなんですが。
  • 端末も一種類、プランも一種類しかないので迷う必要がないのが良いですね。スマホ初心者だと何を選べばいいのか分からないと思いますし、今までフィーチャーフォン(ガラケー)を使っていてこれからスマホデビューしたいという方にぴったりですね。
  • 格安スマホ(格安SIM)は自分で調べて自分で設定するというのが普通なんですが、TONEモバイルは初心者でも悩むことなく使えるように様々なマニュアルやサービスが用意されています。「端末によって画面操作が違う」という問題点もTONEモバイル専用端末を用意することで解消されてますし、細かい部分もなかなか考えられるなといった印象です。

TONEモバイルの口コミまとめ

やはりTONEモバイルを利用されてる方に支持されている部分はスマホ初心者にも安心だということ。ファミリー向けのサービスに特化していることからお子様や年配のご両親に持たせる用途で契約する人がほとんどだと思いますので、ここは大きなメリットですよね。デメリットとしては端末とセットで契約しなくてはいけないという点なのですが、これも家族のスマホデビューという用途で契約するのなら特に問題にはならないのではないでしょうか。

 

TONEモバイルは専用端末を使うことで初心者でも安心のサービスを提供しているため、自由に端末を選べるようになるとサービス低下につながると思うのでやはりここは致し方ない部分なのだと思います。それよりもSIMカードがセットされ設定も済ませた状態で送られてきますので専用端末というのは逆にメリットだとも考えられますね。

TONEモバイルにはどんな端末がある?おすすめは?

格安スマホ(格安SIM)を提供しているMVNOではプランと端末をセットで販売している場合がほとんどですが、TONEモバイルでも端末のセット販売を実施しています。

セット販売している端末は1種類のみ

TONEモバイルでセット販売されている端末はなんと1種類のみです。10種類以上の端末を用意しているMVNOも多い中かなり思い切った方針だと思われそうですが、個人的には理にかなっていると感じています。TONEモバイルを契約するユーザーというのはお子様や年配の家族に持たせる用途が多いと思います。なので高価なハイスペック機よりもシンプルで比較的安価なモデルを推奨しているんですね。ではTONEモバイルでセット販売されている端末を紹介していきましょう。

TONE m15

現在TONEモバイルでセット購入できる唯一の機種です。以前はm14という一つ前の世代の端末も購入できたのですが、2017年3月現在、在庫切れで入荷未定となっていますので今後の入手は難しいでしょう。

大まかなスペックは以下のとおりです。

価格

29,800円

システムOS

Android 5.1(TM)

CPU

 

MediaTek MT6735

(64bit 1.3GHz クアッドコア)

メモリ

ROM 16GB、RAM 2 GB

外部記憶領域 microSDカード(最大32GB)

バッテリー

3000mAh

他社製品の同価格帯と比べても遜色ないスペックとなっていますね。1.3GHzクアッドコアCPUと2GBのRAMを搭載しているのでキビキビ動きますし、バッテリーも3000mAhと大きめなので日中の充電切れに悩まされることもなさそうです。

ちなみにこの端末はTONEモバイルが独自に販売しているもので、TONEモバイルのサービスに特化した製品です。通常のSIMフリー機ですと全て自分で一から設定をしなきゃならないんですが、この端末はTONEモバイル専用機なので様々な設定が完了した状態で送られてきます。また全部で55ページのスマホガイドブックという冊子が付属してきます。徹底的に初心者向けに作られているのでお子様や年配の方のスマホデビューにはうってつけですね。

TONEモバイルは店舗とWEBどっちで契約すべき?

店舗での契約とウェブ契約どちらがいい?

TONEモバイルはTSUTAYAの店舗で契約できると言われていますが、全てのTSUTAYAに対応しているわけではありません。首都圏などには対応店舗がそれなりに存在するのですが、地方都市になると一つの県に対応店舗が一店舗あるかないかというのが現状です。またそういう店舗は比較的混み合ってる場合が多く、長時間待たされることがあります。実際やってみると全然難しくありませんしお得なキャンペーンも受けられますので、特に理由がない限りはウェブで契約するのがおすすめです。

 

TONEモバイルは初心者に優しいMVNOなので、公式ウェブサイトに初心者にも分かりやすい解説があります。よくある質問、ご利用ガイド、トラブルシューティングだけじゃなく、問い合わせフォームや契約を検討中の方専用の問い合わせ番号なども用意されているので、疑問点は事前にこちらで解消しておくといいでしょう。

実際の契約の流れ

まず申し込みにするにあたって

  • クレジットカード
  • MNP予約番号(電話番号を引き継いで使う場合のみ)

この2つを用意しておきます。MNP予約番号に関しては現在契約中のキャリアのほうで取得する必要があります。大抵の場合ウェブサイト経由で簡単に取得できますので事前に済ませておきましょう。

次に、実際の契約の流れは以下のとおりです。

 

まずTONEモバイルのウェブサイトにアクセスします。

右上の「購入する」のリンクをクリック

オンラインストアで購入する。の画面になったら「お申し込みはこちら」のリンクをクリック

購入台数、機種、オプションを選択し次へ進む

利用者、希望の電話番号、希望のメールアドレスを入力し次へ進む

お客様情報を入力し契約完了

 

どうですか?すごく簡単ですよね。あとは端末とSIMが自宅に送られてくるのを待つだけ。もちろん近くに対応店舗があれば店頭で契約することや店頭で受け取ることもできますが、自宅でゆっくり考えながらできますのでウェブで契約するのをおすすめします。

まとめ

ここ数年格安スマホ(格安SIM)がますます人気となっていますが、TSUTAYAが展開するファミリー向けMVNOであるTONEモバイル。ここではTONEモバイルのメリットをまとめてみます。

ファミリー向けのサービスがとにかく強い

TONEモバイルは他に類を見ないファミリー向けのMVNOです。アプリのダウンロード制限、ウェブ閲覧制限、利用時間制限、位置情報の確認など、本来なら面倒な設定をしなくてはいけないところが専用アプリで分かりやすくパッケージされているので、お子様や年配の両親にスマートフォンを持たせたいときに最適です。

月額料金1,000円でデータ無制限

通常のMVNOですと月額料金1,000円といえば低速モード(200kbps)のみのプランだったりデータ量が1GBしか使えなかったりという場合がほとんどなのですが、TONEモバイルはこの料金でデータ無制限に使えるのが大きなポイントです。お子様に持たせるときでも毎月固定の料金で済むので、使いすぎに悩むことがないのもメリットですね。また高速通信が必要なときもその都度購入できますので無駄な出費が抑えられます。

Tポイントが溜まりやすい

TONEモバイルは月額料金/端末料金に対してTポイントが溜まります。毎月どうしても掛かってしまう料金だけに、こういうお得になるサービスが付属しているのは嬉しいですよね。溜まったTポイントはTSUTAYAでの支払い時に使えますし、今後TONEモバイルユーザー限定のTSUTAYAでの割り引きサービスも順次開始されていくようです。

まとめ

家族でスマートフォンを使いたい、子供向け/シニア向けのスマートフォンが欲しい、でも月額料金はなるべく抑えたい、こういう希望を持っているユーザーにぴったりのMVNOがTONEモバイルです。公式ウェブサイトでは随時お得なキャンペーンも開催されていますので、気になる人は一度ご覧になってはいかがでしょうか。

このページの先頭へ